Event is FINISHED

第49回やまとごころ勉強会「訪日客のトレンドをいかに理解してアクションにつなげるか〜インバウンド対策における具体的なビッグデータ活用方法〜」

Description

やまとごころ勉強会&交流会とは?

「やまとごころ勉強会」とは、株式会社やまとごころ 代表取締役 村山慶輔が主催するもので、ほぼ毎月開催しております。
その時々の旬なトピックや、村山のアンテナにひっかかったテーマで、それぞれの第一線のスピーカーをお呼びし講義いただくほか、対談セッションもございます。
また、「インバウンドでは横のつながりが大事」という昔からの熱い想いもあり、セミナー終了後にはやまとごころ交流会を実施しております。こちらは基本的に講師の方もご参加いただけます。(都合によりご参加いただけない場合もございます。)講師や参加者同士とのネットワーク構築により、皆さんのインバウンドの取り組みをサポートいたします。



企画主旨

ICT技術の進展とともに昨今よく耳にするビッグデータ。
ビッグデータとは「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」(総務省)と定義づけられている。

ビッグデータの活用意義は、その特徴である多量性、多種性、リアルタイム性をともなった形でデータの生成・収集・蓄積されることが可能・容易になったことにより、近未来の予測等を通じ、利用者のニーズにあったサービス提供、業務運営の効率化や新規事業創出等が可能になる点である。

また観光庁でも、2017年予算概算要求で、新たに「訪日外国人旅行者受け入れ基盤整備・加速化事業」が設定され155億円を要求しており、この中にはビッグデータ活用による検証事業も含まれている。

特に訪日旅行者は、webでの検索をもとに訪れる場所をきめることが多く、また旅行滞在中もSNSなどで旅の感想・体験などを発信しており、ビッグデータとの親和性が高い。
今では訪日旅行者の人気スポットとして有名な渋谷のスクランブル交差点。こちらは、実はビッグデータを活用し、訪日旅行者の位置情報を通じてどこに移動(観光)しているのかを分析した結果、判明した場所である。つまり、インバウンドビジネスにおけるビッグデータは、日本人が気づかなかった訪日観光の実態を知る源泉に成りうると言っても過言ではない。

そこで受け入れ側としては、ビッグデータを使い”予測”し、よりよいサービスの提供や新規事業創出などを仕掛けていくことが必須になるが、どのようにそのビッグデータを扱うと最適な”予測”ができるのか。

今回の勉強会では、「世界中の施設・場所に関わる最新データを超高速に収集・解析・データベース化 することで、事業者・消費者に対して全く新しいインフォメーションを提供し、 社会全体や人々の生活を豊かにする」ことをミッションとして事業を展開されている株式会社ナイトレイ代表取締役の石川豊氏をお迎えいたします。

このセミナーでは、ビッグデータとは何か?ということからはじまり、インバウンドで注目すべき点、最新のトレンドのほか、ビッグデータを活用したインバウンド施策、またインバウンド業界において具体的にどのようにビッグデータを扱い、効果的に”予測”していくとよいのかというお話をいただきます。



こんな方におすすめです!

・インバウンドにおけるビッグデータの可能性を知りたい人
ビッグデータの具体的な活用方法を知りたい方
ビッグデータの"入手・分析・予測"をし、自身のビジネスにつなげたい方
など


この勉強会で得られるもの

ビッグデータとは何かがわかる
ビッグデータの最新のトレンド、インバウンドで注目すべき点がわかるようになる
ビッグデータを活用したインバウンド施策を知ることができる
・具体的なビッグデータの扱い方のヒントを得られる


Event Timeline
Updates
  • 会場 は ハロー貸会議室新宿B に変更されました。 Diff 2016-10-24 06:46:14
More updates
Tue Oct 25, 2016
3:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ハロー貸会議室新宿B
Tickets
勉強会+交流会 ¥9,000
勉強会のみ ¥5,000
交流会のみ ¥4,000
Venue Address
東京都新宿区西新宿1-5-11 新宿三葉(ミツバ)ビル6F Japan
Organizer
日本のインバウンドを熱くする!(株)やまとごころ
161 Followers